ケータイお急ぎ便

no-img2
横山

「後藤さん、最近、携帯市場の店舗にはどんなお客様が多いの?」

no-img2
後藤

「はい、携帯市場神田本店ではガラケー専門店ということもあって、ガラケーを利用しているお客様が毎日数十人程度いらっしゃいます。こんな声が多いです。」

年代 性別 来店理由(お悩み事)
40 男性 P901iの着せ替えカバーがどうしても欲しい、これ以外に使えないので探してほしい
40 男性 昔のメールが見たいので、2Gの充電器が欲しい
60 男性 持っているガラケーの調子が悪くなってしまった。完全に壊れる前に、亡くなった奥様の写真を取り出してほしい。
40 男性 会社で使う用にガラケーをたくさん欲しい
60 男性 持っている携帯を犬が噛んでボロボロになってしまった。きれいなものが欲しい
30 男性 電池持ちが悪くなってきた。ドコモに聞いたらないと言われたので、電池が売っていたらほしい
60 女性 スマホはウイルスが怖いから、ガラケーが欲しい。
50 男性 他のお店にこれしかなかったからピンクを使っているが、男でピンクは嫌だ。
20 女性 コスプレ用の小道具用にガラケーが欲しいが売ってない。加工するからジャンクがいい
40 男性 子供の写真が入った2G端末を見つけた。USBにデータ移せない?
50 男性 F-07Fが店頭ではもう売ってないから、予備でたくさん欲しい
60 男性 使いなれたガラケーが壊れてしまった。スマホにしても覚えられないから、使い慣れた機種か操作性がほぼ同じものが欲しい
30 男性 お母様使用のガラケーが古くなってきたので買い替えたい。秋葉も見たけど売ってなかった。
20 女性 SNS使わなくなったから、スマホをやめてガラケー一本にしたい
30 男性 MNPの割引になるから下取り用にガラケーが欲しいが、どこにも売っていなかった
50 男性 GPSだけ使いたいから、スマホじゃなくてもいい
40 女性 娘が受験生。娘からSNSを見ないようにガラケーに変えたいとの要望を受けて
30 男性 ガラケーがいきなり真二つになって連絡取れなくなってしまった。中にまだデータがたくさんあるから移したい
50 男性 会社支給のガラケーを壊しちゃった。会社にバレると怒られるからこっそり使えるものに変えたい
40 女性 スマホに変える気はないけど、ガラケーの電池持ちが悪くなってきた。これからも使えるように予備の電池が欲しい
50 男性 コレクターで、同じ機種を入っただけ欲しい
40 男性 型番が古いガラケーのデザインが好きでほしいがどこにも売ってない。入ったら連絡ほしい
50 女性 持っているガラケーの電池持ちが悪くなってきた。型番が古い機種だと心配だから、新しい機種が欲しい
40 男性 会社支給のガラケーに娘の写真がたくさん入っている。携帯回収になってしまったので写真を移したい
no-img2
横山

「へー、沢山コメントが多いですね。とても困って来店している方も多数見受けられます。」

no-img2
後藤

「そうなんです。このコメントもごく一部です。急いでいるお客様が多いので、お電話でご連絡をいただくことも多く。ガラケー実物を見たい、というお客様も正直多く、来店されるケースに繋がっています。」

no-img2
横山

「探していたガラケーが見つかったとか、課題や問題が解決したお客様の反応はどう?」

no-img2
後藤

「はい、とても喜んで帰られるお客様が多いです。「家族の思い出の画像を取り出してほしい」。そんなニーズも増えています。実際に画像を取り出すことができたときは、お客様もほっとされてその場で泣かれる方も。」

<神田本店ではお客様の声が、壁一面に貼られている>

no-img2
横山

「すべてのお客様に対して真摯に対応することが接客の基本だね。今、携帯電話はiPhoneばかりが目立ってしまう。しかし、沢山の機種があり、いろいろな方が利用されている。もちろんガラケーだって。沢山のお客様に同じように対応できるサービスを目指したいよね。」

no-img2
後藤

「その通りですね。ガラケーの契約者はまだ日本に2000万契約ほどあるといわれています。将来、5Gによって、ガラケーも停波に追いやられるかもしれません。しかし、ガラケーを利用したいと願うお客様は必ず日本にいる限り、私たちの存在する価値はあると信じています。」

ガラケーが選ばれる理由https://xn--mckk1ozc.com/reason/

北は北海道、南は沖縄まで。遠方からの問い合わせが急増。

no-img2
横山

「ところで後藤さん。携帯電話の通販を始めたんですよね。」

no-img2
後藤

「はい。そうなんです。沖縄や北海道の方も最近ではお電話いただくようになりました。キャリアショップでは昔のガラケーが売ってない(サポートもしてないケースが増えてきました)ので、困って、それでネット検索して私たちの店舗にたどり着くようです。今後は、積極的に地方の方に「電話やネットでガラケーが買えるんだ」という事を知ってもらいたいと思います。」

<電話通販のステップ>

利用顧客の50代、60代が6割以上

no-img2
横山

「来店されるお客様の年齢層ってどんな感じなの?」

no-img2
後藤

「50代、60代のお客様が6割以上です。実際使われる方がご両親というケースも増えてきました。70代、80代の両親にとってスマホは持たせられないから、ガラケーを利用したいといったお客様がほとんどです。そういったお客様にとって、電話は便利ですよね。ご年配の方にとってはあと「本当にお店があるのか?」と不安になってお電話いただくケースもあります(笑)。“あります。ご安心ください(笑)”」

no-img2
横山

「笑。」

携帯市場の強みは「全量買い取り」「多品目販売」

no-img2
後藤

「当社の強みって、ガラケーの買取販売に力を入れていることです。古い機種のガラケーのデータベースもある。」

no-img2
横山

「そうだね。ガラケーを利用しているすべてのお客様にとって受け皿になりたいと思って、ガラケー専門店を作ったんだよね。どんな些細なことでも良いですので、ガラケーのことで困ったこと、分からないことがあったら、是非、携帯市場へお電話いただきたいですね。」

no-img2
後藤

「そうですね。困ったらまず!お気軽にお問合せください!」